« 2007年7月 | トップページ | 2008年3月 »

2007年8月28日 (火)

チャイナマネー

アメリカ在住の松井です(笑)

なんか留学したら、明日の株価より世界レベルでのお金の動きを考えてみたくなったので書きます。

実は小生、中国への短期留学の経験などもあって、日本株とほぼ同じくらい中国(香港)株歴があるんです。現在も運用資金の3分の2は中国株を所有しています。(ちなみにアジア放浪時に食べた中国のカップラーメンの味が忘れられず、今でもそのメーカーの株は持ってますwwww )

そんな中、中国政府は最近以下のような政策を打ち出しました。

QDII(適格国内機関投資家)の緩和策=商業銀行など国内機関投資家は”さらに”海外市場に投資していいよ。

個人による海外証券投資(個人版QDII)を試験的に”解禁”。天津に口座を開設、第一弾として香港市場に限定。

簡単の言えば、今後中国国内にいるプロの機関投資家も、そこら辺で肉まん売っているおばちゃんも海外市場へ投資ができますよ~~~~ということである。

「これらの政策の目的」

1、膨大な貿易黒字や外貨準備高などたまったお金を処理する = 「元高」を防ぎたい(まだ8億の農民を食わせるためには輸出による経済成長が不可欠)

2、本土株(上海etc)や不動産の過剰流動性マネーを海外に放出してガス抜き = バブル?なんかにはさせたくない

確かに最近の原材料価格の高騰が響いて輸入が抑制(貿易黒字)され一方、輸出は堅調で中国は外貨準備高世界1位(約1兆ドル)。

その上中国の友達いわく「親戚はみんな投資をやっている」など、一種の株ブームの中で、つい最近も「サブプライム問題」「金利引き上げ」「個人の海外投資解禁」といった悪条件で、ついに上海総合指数は5000ポイントを突破!(ここ1年で2倍)ここまで投機的なお金の短期的流入はさすがにいきすぎなのでは・・・・・・・・・・・・・・

ということで、上記政策がとられたわけですが、実際中国の個人マネーにしても、2006年末時点における中国国民の預貯金総額は約22兆元(約330兆円)。この数%のお金でも海外に流れれば、中国の機関投資家とともに大きなマネーの流れができるはず。 そしてその一部は中国にはないプランド技術をもち、最近の企業の好業績にもかかわらず、あまりさえない「日本市場」へ流入。

決して遠くない将来、中国系の企業やファンドによる日本企業買収も起こるのでは・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月23日 (木)

自己を見つめなおして

Forwardの”元”代表の松井です。

今回は全然株とは関係ない話になりますが、今時の海外留学する一学生として見ていただけたら光栄です。 今夏からすべてを後輩や友に託し、1年間米インディアナ州の大学で留学をスタートさせました。

投資クラブの役職的には 代表  →  アメリカ支部長(構成員は自分とルームメイトのサイレンスのみ)

と少々田舎で老後生活を送っている感じです。実際に先ほども「友達がキャンパスを歩いてたら『スカンク』に屁をこかれた」と冗談のような本当の話が通じるくらいの田舎です(笑)

今回の留学では「一から自己を見つめなおす」を一つのテーマに掲げています。 実際大学3年になりゼミやサークルに追われ、周囲の就活ムードに流され、慣性の法則のまま今あるレールを進んできた気がします。そのためまったく新しい環境の中もう一度自己を深く知り、将来について考えたいと思います。そしてさらに成長して1年後日本に帰って来たいと思います。留学という大きな「投資」を親にさせてもらうのですから、必ず投資以上のリターンを得てきます!

NYにいるわけでもなく、(実際にネットから遠ざかった1週間で世界の株式市場がとんでもないことになっていました 泣 )たいしたこともできそうもありませんが、私なりにこれからこちらの情報をみなさんに送っていけたらと思います。 それでは 松井@夜の八時でもまだ明るい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月17日 (金)

花火

本多です。
ついこないだ、某テニサーの幹事長になりました。
そんで、今日は神宮の花火にいってきました。

お金を払ってグランドで見たかいもあって、爆音がまじかで聞こえるし、風に乗って花火の破片が飛んでくるというなかなかいい体験もできました電球


でもね、今日は花火のことよりも書きたいことがあるのでそっちを書きます。


なんと日経平均が一時16000円をわってるしw

まあ、もとは7月にS&Pがサブプライムローンの格付けを大量格付けしたのが原因なんですが、
それから、サブプライム債権の価格低下

→ヘッジファンドをはじめ機関投資家が資金の引き揚げのために売る

→さらなる価格低下というスパイラル。

これは米国の株価の話。

ここからは、外人さんと日本市場の関係を。

まず、日本は超低金利状態ですね。10年物の国債で1.64%(アメリカの同年物だと4.72%)

そこで、日本で資金を調達して米国で運用する円キャリートレードがはやったわけです。その結果、円ドルレートは122円前後で安定していました。

しかしながら、米国の株価低下によって米国での運用が上手くいかなくなり円キャリートレードが急速に手じまわれるようになりました。

その結果、対ドルレートは116円前後まで移行していきました。外需頼りの輸出企業が株価を引っ張っていた日本市場は円高の影響をもろに受けて大幅安になりました。

この流れはいつ頃やむのでしょうか??

一連の株安スパイラルは米国のサブプライム問題が発端となっていますが、実際米国の金融機関でどれほどの損失が出ているかはSECが最近やっと調査にはいったところです。おそらく、9月の中頃までサブプライムの損失は明らかにならないでしょう。それまでは、信用不安と損失拡大を防ぐ資金引き揚げのための売りが売りを呼び株価の回復は難しいでしょう。



さて最後に現在の日経先物価格(シカゴ)ですが15820円、為替レートは114円前半。
どうやら、FXをやっている個人もドル買いからドル売り円買いに動き始めたみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年3月 »