« 早慶投資会議 | トップページ | 投資クラブの投資 »

2007年6月14日 (木)

早慶投資会議の感想

先日は慶応のSPECという株式投資サークルとの合同イベントに行ってきました。

何をやるかっていうと、早慶合同でいくつかのグループを作って、2時間半で課題にそった内容で銘柄を選び、その理由をプレゼンします。

そのお題とは「格差社会」です。

つまり、格差社会が拡がっていく中でどんな企業が成長していくのか⇒株価が上がるかを予想して、プレゼンします。

僕の班は、「格差社会」という言葉が広まっていく中で人々は上流階級の生活にあこがれる。

プチセレブな気分を味わうためにちょっとくらい高いものなら買うようになる

低価格で勝負しないで、ブランド価値を守りつつそこそこの値段で商品を出している企業が成長する(ただし、本気で高いもののみを出している企業は顧客層が少なすぎるので除外する)


具体的にはカフェ、ファーストフード業界を注目しました。

ちょっと前までは、ハンバーガー60円や牛丼280円と思いっきり価格競争に走った外食業界ですが、最近はちょっと高い商品がうけてると感じたからです。

マックフルーリー300円やスタバのコーヒー300円(くらい?)が人気をはくしているかと思います。

そこで、マック、ケンタッキー、モス、ドトール、スタバの売上、利益、PERなどを比較した結果、過去五年で売上、純利益ともに年々拡大を続けているスタバを推薦することにしました。

定性的な理由としては、スタバのコーヒーはドトールより高い(カフェのみならず、コンビニで売ってるチルドコーヒーも一番高い)
近年、家庭でのコーヒー消費量は横ばいもしくは減少傾向にあるなかで、カフェテリアでのコーヒー消費量は伸びている。
日本人に一番好まれている飲み物は緑茶であるが、コーヒーの消費量も緑茶の90%くらいでありもはや国民的飲み物であるといっても過言ではない。

以上の理由から、スタバを推薦したとこと、運良く5グループ中1位になりました。


僕がグループのリーダーだったので仕切ったんですが、とはいっても、以上のロジックを作ったのは僕ではなく某慶大生なんです。彼のアイディアには頭が下がりました。
とりあえず、僕にはそんなに独創性も想像力もないんで、「いかに頭のいい人にうまく仕事をさせるのか」を考えなくてはいけないんだなぁと思いました。
僕は基本的にはチームプレーは苦手なんで、いかに個人の能力を高めるのかを中心に考えていましたが、これからは他人との共同作業をする中でチームとしてどれだけパフォーマンスが出せるのかも考えなくてないけないと感じました。


とはいっても、同世代でガチで外銀目指しているやつの勉強ぶりをみてしまうと今の自分は足元にも及ばないなーと感じるわけで、もっと個人的な能力を高めるために本気で勉強しなくちゃいけないとも感じました。

いや、いい刺激になったわー

|

« 早慶投資会議 | トップページ | 投資クラブの投資 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73587/6783827

この記事へのトラックバック一覧です: 早慶投資会議の感想:

» の場所 [国際]
文化・芸能 報復の殺人 糖尿病と妊娠 [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 04時18分

» チルドコーヒー [チルドコーヒー]
チルドコーヒーって最近よく耳にするけど?チルドコーヒーについて紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 22時12分

» casino online penny poker video [casino online penny poker video]
marvelling comfortably harden!accidently. [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 20時37分

« 早慶投資会議 | トップページ | 投資クラブの投資 »