« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

大納会~今年の締めくくり~

今までは2期生ブログだったんですが、今日からは3期生も書きます。

さて29日は大納会でした。今年の株価は一年を通して1000円くらいの上昇したわけですが、僕のポートフォーリオは20%くらい減少してます。

今年の5月の下旬に株式投資を始めた僕ですが、始めた当初は下げ相場によって4万くらいロスを出してしまいました。

9月にはイートレ(イートレード証券)でいっきに3万くらいもっていかれましたね。

イートレは年初以来安値を更新してきて6月に13万をつけてからは、13万~17万の間でボックス圏をつくっていました。僕のプランとしては15万買って17万で売り抜こうとしたわけなんですが、どっかの証券会社の格付けが下がったせいで一気に10万に落ちました。

証券会社の格付けってあれずるいですよね。証券会社だって自己勘定でトレーディングをやってるわけですが、同時に格付けやレポートを出して市場に影響をあたえているんですよ。証券取引法には引っかからないんですかね?

3年生くらいになったら証券取引法をやると思うので、わかったらココに書きます。

さてさて、最近は黒木亮の『アジアの隼』と言う本にはまっています。原田聡一郎氏に『トップレフト』を紹介してもらってから、黒木亮にだいぶはまりました。『トップレフト』は国際金融を学ぶ上ではとっつきやすいとおもいます。

『アジアの隼』はベトナムで発電所の建設をするために、ファイナンスをする話です。僕も全部読んでないんで最終的にどうなるのかはわかりませんが。。。

それではみなさん良いお年を~

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年12月28日 (木)

GAME

お久しぶりです。伊藤です。MixiとMSNメッセンジャーにはよくいるんですが。。

2日前の日経新聞の記事だが、アメリカで『セカンドライフ』なるPCゲームが大流行している。

http://secondlife.com/world/jp/

仮想現実の中で暮らしていくゲームで、感覚としては『グランド・セフト・オート』に近いのかもしれないが、このゲームの秀逸なところはゲーム内のお金(リンデン ドルって言うらしい・・)が実際のドルと交換できることにある。
つまり、「お金をつぎ込む」→「遊ぶ」→「稼ぐ」ということかな?起業できたりもするとのこと。限りなく現実に近い仮想現実。このゲームで大金持ちになる人もいるのではないでしょうか?
とにかくこのゲーム形態がSNSに取って代わる日は確実に来るんじゃないかと思うんですが、どうでしょう?取って代わるというよりSNSとの融合かな?

ちなみに日本では任天堂が好調。
http://company.nikkei.co.jp/index.cfm?scode=7974
株価も好調です。「DS-LITE」はすでに1000万台売れていて、かつ「ポケモン」に関しては500万個売れた。ドラクエ8(?)もDSに乗り換えたし。
こうなると「Wii」のソフトがどれだけ充実させられるかが問題となってくるような。一応目玉商品としては「ゼルダの伝説」なわけだけど。

一方、SONY「PS3」は若干の出遅れ気味かな。
http://company.nikkei.co.jp/index.cfm?scode=6758
こちらは大人(マニア)向けのゲーム。だからネットで顧客から金もむしりとれればいいんだが。「FF」「MG」シリーズと以外に面白そうなソフトは多い。クタラギさん、がんばれ。そうそう、ブルーレイ規格がどうなるかも大分気になるところ。

| | コメント (1) | トラックバック (10)

2006年12月20日 (水)

宣伝

代表の松井です。

宣伝

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆慶應投資サークルSPEC & 早稲田投資サークルForward 共催◆

>>>>>>>学生のための運用業界入門<<<<<<<<

>>>>>>>『早稲田 × 慶應 投資会議 』<<<<<<<<

~プロのファンドマネージャー達によるパネルディスカッション~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入場無料】━━━


日本のマーケットの第一線で活躍する豪華ゲストによる
パネルディスカッション。

自分とはあまり関係のないように思える『運用』という言葉。
でも実は個人資産運用・年金運用など自分たちに深く関わってくること。

そんな運用業界とは何か?
業界についてだけでなく、運用という仕事の醍醐味など
それぞれ異なる経歴を持つゲストが独自の経験をもとに語ります。

詳細・お申し込みはコチラ→
http://www.w-forward.net/amc/index.html


◎ 実施概要

■ 日時 :2006年12月21日 (木) 16:00~18:00
■ 場所 :早稲田大学小野記念講堂 地下三階ホール(出来たばかりの建物です)
(地図) ⇒
http://www.waseda.jp/jp/culture/map.html
■ 定員 :200名(事前登録制)
■ 対象 :早稲田、慶應を中心とする学生
■ 参加費:無料
■ 主催 :
・早稲田大学株式投資クラブForward(
http://www.w-forward.net/
・慶應義塾大学株式投資研究会SPEC(
http://www.spec-7.net/


◎ プログラム

■17:00~17:15 企業紹介、パネラー紹介、主催者紹介
■17:15~18:30 ゲストによるパネルディスカッション
■18:30~19:45 Q&A


◎ ゲスト

□フィスコアセットマネジメント取締役運用担当 岡崎良介氏

慶應義塾大学経済学部を卒業後伊藤忠商事入社。その後米国勤務を経て、1987年野村投信(現野村アセットマネジメント)入社。1993年日本バンカーストラスト信託銀行(現ドイチェ信託銀行)に転じ債券・為替部門の日本での運用責任者となる。2004年退社後、フィスコアセットマネジメントの設立に参画。現在に至る。


□ラッセルインベストメントグループ 執行役企画本部長 木口愛友氏

東京大学工学部卒。1998年にラッセルインベストメントグループ入社。コンサルティング部門ヘッド、クライアントサービス部門ヘッドを経て、2005年7月より現職。投資家ニーズに合わせたソリューションの調査・開発に従事する。ラッセルに入社する前は、住友生命株式運用部門にて日本株式運用やプライベートエクイティ投資、経営企画部門でALMおよび経営戦略を担当する。
日本アクチュアリー会正会員。米国アクチュアリー会準会員。
日本年金数理人会準会員。日本証券アナリスト協会検定会員。
CFA協会認定証券アナリスト。国際公認投資アナリスト。


□ラッセルインベストメントグループ マーケティングマネージャー 高井信二氏

1991年慶應義塾大学経済学部卒業を卒業し、千代田生命保険相互会社入社する。特別運用部にて、主にファンドの計理、運用レポートの作成、パフォーマンス分析等に携わる。2000年5月 フランク・ラッセル・ジャパン株式会社(現ラッセル・インベストメント証券投信投資顧問株式会社)入社。パフォーマンス分析、ポートフォリオ分析、構築等に携わった後、投資信託サービス部門にて、個人投資家向け投資信託の企画立案、販売促進支援、情報・サービス提供に従事。現在に至る。
日本証券アナリスト協会検定会員


□GCIアセットマネジメント 白川裕子氏

早稲田大学修士課程(MBA)修了。フィデリティ投信株式会社にてベンチャーキャピタル業務、ヒポ・フェラインス銀行東京支店で自己勘定によるオルタナティブ運用業務する。そして、 アライアンス・バーンスタイン株式会社にて株式運用業務に従事。2006年11月現職。


□レオス・キャピタルワークス株式会社 ポートフォリオマネージャー 渡邊庄太

早稲田高校、慶應義塾大学経済学部を卒業後、大和証券投資信託委託(株)入社、企業調査部に4年間在籍し、建設・住宅・不動産・サービス業界をアナリストとして担当する。2001年同社エクイティ運用第1部に異動し、日本株アクティブ運用のファンドマネージャーになる。2003年11月から06年1月までは大和証券(リテール)SMA運用部へ出向(のち転籍)。06年2月から現職。



◇◆◆◆◇ みなさまのご参加お待ちしています! ◇◆◆◆◇

| | コメント (0) | トラックバック (28)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »